United States ChineseMexicanBrazilianJapanese

monav-icon

cfMount

コンスタントフリクション固定装置(cfMount™)はEFBのアプリケーション用に特別に設計されました。cfMount™は片手で簡単に斜め20°の角度から360°回転させることができます。cfMount™は様々なSTC'sにおいて認定を受けています。また、FAA-PMA認定、米特許#8231081を有しています。耐久性と信頼性の実績から2005年より設置、運用されています。

Avionics Support Groupは米特許取得済みの最高の電子フライトバッグ装着ソリューションを提供します。

ASGはEFB装着ソリューション認証において業界をリードしています。

ASGは以下の航空機のSTC’sを有しています:A319 A320 A321, A330 L382 (C130), B737-NG, B74,7 B757, B767, B777, ERJ-145/-170/-190, and MD-10/MD-11


ASGのcfMount™コンスタントフリクション固定装置の履歴

ASGのコンスタントフリクション固定装置(cfMount™)はEFB装着ソリューションにおいて航空業界で最高の製品です。cfMount™は2003年に設計され、2005年に市販品としては初めてMiami Air B737NGのClass 2 EFBにインストールされました。

cfMount™はEFBデバイスの航空機のウィンドウフレーム構造へのインストールを目的として設計し、特許を取得しました。ウィンドウフレームはその構造上からパイロットの視野角に基づいて、最も合理的な位置にあります。全ての航空機のウィンドウフレームが同じであることはないということから、当社は3種類の革新的なcfMount™を設計しました。

EFB固定装置はトップとボトムの面があり、それらの部分は航空機のコックピット内の装着面の部分に設置します。固定装置はマウントベースと固定した部分に常に摩擦の接触があるように設計されています。これによって固定装置を手で緩めたり締め付けたりする必要はなくなり、パイロットは最適な視野角を有することができます。

視認性は電子フライトバッグディスプレイの位置付けが鍵ですが、この装置によって、パイロットは地上飛行時、クリティカルフェーズ時にウィンドウからの眺めを妨げられることが無くなりました。固定装置がコンスタントフリクション状態にあるよう設計したことによって、パイロットは航空機のマヌーバの間、片方の手で航空機のコントロールをしている一方で、もう片方の手でディスプレイの照り返しから 視野角を変えることができます。 EFBの視野角を変えるのに、レバー、調節ネジ、圧力スィッチなどはありません。 EFBの一角部分のみをタッチするという労力知らずの片手操作で視野角を変えることができます。 cfMount™は航空宇宙産業において簡便化を追求しています。


なぜcfMount™は最高のEFBなのか?

価格が手頃、DO160試験済み、メンテナンスが非常に簡単、用途が広いなどが実証されています。cfMount™は2005年より民間機として飛行しているB737NGで積極的に使われています。その他の要因はシンプルな設計だということです。片手だけでEFBを調節することによって、素早く視野角を思いのままに変えることができます。cfMountは一度調節したら、再度動かすまで、そのままの状態に保っておけます。

ASG cfMount™の長所 ASG cfMount™の特徴
特許取得済み ロープロファイル
2005年に認定済み 360⁰回転
頑丈な設計 20⁰傾斜角
多様な航空機に固定できる固定装着 FWD3.2” (8.128cm)、AFT調整(cfMount™スライド)
高い信頼性—最小限のメンテナンス 片手操作
簡単操作  
片手操作  

 

当社webサイトのクッキー(cookie)の使用について

当社のwebサイトでは、より快適にご利用いただけるよう、クッキーを使用しています。webサイトの閲覧を続行するには、クッキーの使用に同意していただく必要があります。. もっと読む...